家族連れにオススメ、サンゴも楽しめる奄美大島の美しい海水浴場!知る人ぞ知るタエン浜

奄美大島のサンゴも楽しめる美しい海水浴場!知る人ぞ知るタエン浜 奄美大島で遊ぶ
スポンサーリンク

海で遊べるスポットがたくさんある奄美大島。手つかずの海や砂浜を楽しめる場所も多いのですが、家族連れだったりすると、むしろある程度整備された場所の方が遊びやすい…という場合もあるかもしれません。

そんな時にオススメなのが、今回ご紹介する宇検村にあるタエン浜です。

タエン浜とは

タエン浜は、奄美大島の西岸のリアス式海岸に位置し、眼前に無人島の枝手久島が見える海水浴場です。美しい海が広がっていますが、防波堤が整備されてるため、大きな波が入ってきづらいつくりとなっていたり、管理棟にトイレやシャワーなども完備されていたり、夏場は監視員が置かれていたりと、家族連れでも楽しみやすい海水浴場となっています。

管理棟のすぐ近くにはバーベキューサイトもあるので、海で遊んだ後はバーベキューを楽しむこともできます(事前に予約が必要です。予約については宇検村役場までお問い合わせください。)

タエン浜の見どころ

まずはサンゴが広がるエメラルドグリーンの海!サンゴ礁の間には色とりどりの熱帯魚がウヨウヨしているため、ちょっと泳いでシュノーケリングするだけで十分楽しめます。防波堤のおかげで波が穏やかなうえに、環境省が実施した水質調査で5段階評価の最高位「AA」となっているだけあって透明度も高く、じっくり眺めていられますよ。

SUPやシーカヤックでのクルージングなども楽しめる他、冬はサーフィンをする人もいるそうです。近くの防波堤からは釣り竿をたれている人も多くいます。防波堤の上から魚がたくさん確認できるレベルなので、釣り好きにもオススメのスポットです。

運が良ければ、イルカが見られるという噂も…?

タエン浜のサンゴ

タエン浜へのアクセス

タエン浜に行くには車が前提となります。奄美空港からは国道58号線→県道79号線と名瀬(奄美市名瀬)方面を通って宇検村に南下、そこからさらに県道627号線で屋鈍方面に向かう約2時間の行程です。名瀬からは約1時間15分程度の道のりとなります。

海水浴場の周辺に駐車場がありますので、車はそこに駐めることができます。自販機などはありますが、周辺に商店などはないので、海で遊ぶのに必要なものや飲食物は先に名瀬などで確保しておくのがオススメです。