奄美大島随一。世界大会も開かれたサーフィンのメッカ、手広海岸

世界大会も開かれたサーフィンのメッカ、手広海岸:アイキャッチ 奄美大島で遊ぶ
スポンサーリンク

奄美大島には数多くのビーチがありますが、なかでも有名なのがこの手広海岸。というのもここ、過去に世界大会が開かれたほどのサーフィンのメッカなんです。

しかも、それだけではない季節によっての見どころも。というわけで今回は、奄美大島で有数のメジャーなビーチ、手広海岸についてご紹介します。

手広海岸とは

手広海岸は、奄美空港から市街地(奄美市名瀬)方面へ向かう途中にある、太平洋に面した南向きのビーチです。

波が高いため、海水浴にはあまり向きません。しかし、波が高いということは、サーフィンなどには絶好のポイントであるということ。日頃から多くのサーファーが訪れるスポットです。

駐車場やシャワー・トイレを完備しているのはサーファーにとって親切。景観が良いので、海を眺めながら砂浜を散歩するというのもおしゃれな楽しみ方ですよ。

手広海岸の見どころ

まずはサーフィン!ですが、実は手広海岸には冬の時期にウミガメが訪れます。

ということで、冬(11月~4月頃)にはビーチエントリーでシュノーケルをすれば、ウミガメに出会えます。もちろん、その他の魚たちともたくさん出会えることまちがいなし。

オフシーズンに、あまり混み合わずにのびのびとシュノーケルを楽しめる!なかなかの贅沢ではないでしょうか。ウミガメのいるポイントなどは現地のガイドに案内してもらうのがオススメです。

また、手広海岸のすぐ近くには奇岩群があり、その奇岩群のすぐ近くにあるビラビーチには、干潮時のみ現れるハート型の潮溜り「ハートロック」があり、パワースポットとして観光に訪れる人も多いポイントとなっています。

なお、周辺には大島紬の生産工程を見学できる「大島紬村」や、「それいゆファーム」や「GREEN HILL」といったオシャレなカフェもありますので、観光の際には一緒に訪れてゆったりとしたシマ時間を楽しんでみてください。

手広海岸へのアクセス

奄美空港からは名瀬方面へ県道82号線→国道58号線を通って進むと案内の看板が出てきますので、それにしたがって左手に曲がり海岸まで進んでいくことになります。車でだいたい20分くらいの距離。

逆に名瀬方面からは車で25分くらいで到着すると思います。Google MAPなどを使う場合には、「手広海岸駐車場」をめざすと、スムーズに到着できます。

バスの場合は空港からは「ウエストコート行き」、名瀬方面からは「空港行き」に乗車し、「根原」のバス停で下車してください。そこから海岸に向けて徒歩で10分かからないくらい。だと思います。